2017年10月01日

イチオシ



前から気になってたんやけど、
鳥はあんまり好みやないし、
ましてや、カラスなんて怖いしぃ(笑)

いや、それかこっちの世界。

あの、阿部智里さんが描く八咫烏シリーズの世界のカラスは、

カッコいい!


食わず嫌いしないで、早く読めばよかった…



作者の阿部さんは’91年生まれ。現在26歳。
八咫烏シリーズの第1作「烏に単は似合わない」で松本清張賞を受賞したのが20歳!
もちろん、史上最年少。


才能のあるなしは、年齢に関係ないね。

私の知らないすっばらしい作家がこれからもどんどん出てくるんやろな〜
楽しみやな。
長生きせな(笑)


阿部さんの八咫烏シリーズは、完結巻が最近出ましたんで、
次回の新しい世界に期待しまくりの私です。

小野不由美さんの「十二国記」がお好きな方にはオススメです!



同じカテゴリー(読書三昧)の記事画像
和歌山市民図書館西分館
フランス人は…
ただいま病院にて
ついに来た
介護の知識
鉄道の旅手帖
同じカテゴリー(読書三昧)の記事
 和歌山市民図書館西分館 (2017-08-27 19:58)
 フランス人は… (2017-08-06 00:58)
 ただいま病院にて (2017-08-02 14:01)
 ついに来た (2017-07-28 22:59)
 介護の知識 (2017-07-15 20:14)
 鉄道の旅手帖 (2017-06-03 23:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。