2018年03月26日

本の修理講座 最初の一歩




昨日の「ピースボートの旅」の本は、市民図書館本館でもらったリサイクル本です。


その本を練習に「本の修理講座」を受講したのよ。

(ピースボートの旅…いいなぁ〜)







奈良からいらした講師の先生は、
NPO法人 書物の歴史と保存に関する研究会
からいらして下さいました。

…奈良なのよ ( ̄▽ ̄)

続けて受講するのは、困難…




修理のやり方の前に本の各部の名称とか教えてくれました。

知っている事もあったけど、
初耳の事もたくさん!

花ぎれ、なんて知ってる?






先生の道具を拝見。




修理の見本。

破れた箇所は、和紙を使って補修します。

これが海外でも和紙を使うらしい。
すごいぞ、日本の和紙!




一番前の席でかぶりつき状態でガン見(笑)


それでもいざ、自分でやってみると、デンプンのりを付けた和紙は、
見えない〜

ピンセットでつまむの困難の極みよ(笑)


そんなこんなで、↓



ピースボートの本を破いて、補修の練習。

…結構、面白い(^o^)

本格的になったら、面白いなんて言えないんでしょうが、

こんな作業は嫌いでない♬

家に破れた本が、ないか探してみよう(笑)



同じカテゴリー(イベント)の記事画像
昨日のプティパで
楽しいプティパ
歌舞伎おみや
スーパー歌舞伎
大阪松竹座
春シュシュマーケット
同じカテゴリー(イベント)の記事
 昨日のプティパで (2018-04-23 22:01)
 楽しいプティパ (2018-04-22 20:49)
 歌舞伎おみや (2018-04-06 23:58)
 スーパー歌舞伎 (2018-04-05 23:40)
 大阪松竹座 (2018-04-04 17:38)
 春シュシュマーケット (2018-03-21 22:26)

この記事へのコメント
絶版になったのもあるもんねぇ。

修復して、またいろんな人がその本を読むことができたら良いよね(*´ー`*)

そういう意味でなんだか
【時代を受け継ぐ】て感じがするので好きだわ(*´∀`)
Posted by とのちとのち at 2018年03月28日 11:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。